このページのトップへ
ホーム » 施工例 » エクステリア » 三木市・M様邸 和と洋、伝統と当風が一体となった引き継ぐ庭

三木市・M様邸 和と洋、伝統と当風が一体となった引き継ぐ庭

h2015-11-02 15.23.40 /
庭部分は年代を経た和の庭、玄関周りは刷新された洋の庭。
二つの顔を持つM様邸の庭をご紹介いたします。

土間コンクリートのスロープからレンガラインで囲われた洗い出し、同じくレンガラインで縁取りした華やかな洋のローズクォーツの石畳へと繋がるアプローチ。
アプローチは玄関ポーチとポーチ横のスロープの二方向へ円を描いて向かい、洋風の白い門柱を渦巻くようにつながってバリアフリーになっています。
門柱は高さを変えて変化をつけ、ランタン型のレトロな照明と墨色の笠木でクラシックなイメージに。
塀の足元には花壇を設け、訪れる人を花で迎えます。


2015-11-02 15.23.26 /
玄関から庭へ、そして建物奥へと続く園路には、洋風の板石と和風の丸飛び石を組み合わせ和洋のイメージをつなげます。
リビング前の洋のアクセント、天然石サークル花壇にはヤマボウシを植栽。
石英岩(クオーツ)の砂利は透明感のある華やかな色あいで、園路を明るく彩ります。


2015-11-02 15.23.47 /
見事に苔が乗った灯篭や狛犬。
引き継がれてゆく家の歴史を感じさせ、庭の景の中で存在感を放っています。
重厚な石垣には、ミカゲ板石の笠木を設けて鉢植えなどを置ける飾り台に。
石垣の笠を花壇にした斑入りアベリアの生垣は、庭の木々の背景です。
庭に明るさを与え、背の高い自然風な株立ちのモミジとともに、和の庭に洋のイメージを加えています。

歴史ある庭のアイテムを大切にしつつ現代のテイストも取り入れた、和洋一体の庭です。


私たち宕華園は、
こんなことを大事にして
お庭づくりをしています。
手間を惜しまない
わかりやすいご提案
適正な工事費用
愛される職人