このページのトップへ
ホーム » 施工例 » 造園 » 稲美町・K様邸 和モダンな延べ段と春日灯篭のある田園の庭

稲美町・K様邸 和モダンな延べ段と春日灯篭のある田園の庭

2015-12-10 16.26.18
稲美町の美しい田園風景を取り入れた、創作の和の庭をご紹介いたします。

庭門を内から見た景色です。
歴史を感じさせる石積みに、ま新しいミカゲ石で笠をつけたどっしりとした石の門と石塀。
鋳物の門扉「ダイナミ(三協アルミ)」、足元の黒鉄平の乱貼りと相まって高級感を醸し出しています。

庭門の明かり取りに小屋棒形燈籠を据えています。
茅葺き屋根の笠が素朴なおもしろみのある灯篭で、田園の中の庭を強く印象付けています。


20180308_0956_17_0833w559_h419
20180308_0956_26_0349w559_h419
庭門からは、丸飛び石と延べ段を伝って庭奥へ。
行の延べ段には明るい色の鉄平石を洋風にアレンジ、モダンな印象に畳みました。

目の前に広がる田園風景を庭の景色に取り入れられるよう、後ろの木は落葉する単幹のモミジ(青枝垂れ)とし、見通しをよくしています。


2015-12-10 16.25.56
山から川へ運ばれた石が年月をかけて流れに磨かれ、丸みを帯びます。
雨に濡れて黒光りする威厳のある川石のたたずまいです。

石の島に据えられた春日灯篭は、それだけで景色を作ることのできる形の良い灯籠です。
控えの木は、緑の葉が美しいマツ。
手をかけられ年月を経た盆栽を地植えにいたしました。

マツの肌が美しく割れるころには春日灯篭にも苔が乗り、より風情あるたたずまいになることでしょう。


2015-12-10 16.26.01
六角雪見灯篭を据えた石にも、川石を用いました。
真っ白に化粧をした田園風景を背景に、その広い笠に雪をつもらせた冬の風情も楽しみな灯篭です。

苔が乗った梅の古木はこの庭の歴史を感じさせ、うねる枝のうしろに見え隠れするツバキの赤が、しっとりと落ち着いた和の庭にあでやかさを添えています。

土地の歴史を継ぎながら、暮らしと共に変化して時をかさねてゆく庭です。


私たち宕華園は、
こんなことを大事にして
お庭づくりをしています。
手間を惜しまない
わかりやすいご提案
適正な工事費用
愛される職人