このページのトップへ
ホーム » オススメ商品 » 石材加工品 » 現代の坪庭にも調和する 灯籠(とうろう)

現代の坪庭にも調和する 灯籠(とうろう)

日本庭園における伝統的な照明 灯籠(とうろう)
デザインも様々で、照明としても、オブジェのように置物としても楽しむことのできる灯籠。坪庭などに置けば一気に空間が引き締まります。
ここでは宕華園で揃えているいくつかの灯籠を、お写真と一緒にご紹介いたします。


ClipboardImage
灯籠には「火袋」と呼ばれる灯火を入れる部分が必ず付いています。手前の手前の直線的なシルエットの石灯籠には、大きな縦長の格子の窓があり、モダンな雰囲気です。

また、奥に見える3本足の灯籠は、「雪見灯籠」
日本庭園では水面を照らすために池の近くに置かれ、高さも比較的低い種類です。


茅葺屋根のように見える灯籠の上の部分は「笠(かさ)」と呼ばれます。六角形や四角形が多いですが、右の写真のような素朴で可愛らしいデザインのものもあります。

一つそこにあるだけで、庭の雰囲気を一気に高めてくれる灯籠。本格的な日本庭園・坪庭に是非取り入れていただきたいアイテムです。
ClipboardImage


ホーム » オススメ商品 » 石材加工品 » 現代の坪庭にも調和する 灯籠(とうろう)
私たち宕華園は、
こんなことを大事にして
お庭づくりをしています。
手間を惜しまない
わかりやすいご提案
適正な工事費用
愛される職人